中国共産党が党史上3度目の歴史決議全文を公表

習総書記異例の3期目続投と終身統治が濃厚に

同決議は反腐敗や欧米型の民主主義思想による影響排除、イデオロギー戦の新たなフロンティアとしてのインターネット支配、台湾統一実現など共産党のプランをあらためて確認した。台湾統一を短期的な目標として掲げることはしなかったものの、「台湾との完全な祖国統一は最終的に達成される」と自信を示した。

中国共産党は第19期中央委員会第6回総会(6中総会)で採択された歴史決議の全文を公表Daybreak: Australia."

 

技術の「自立」強化が戦略的な経済目標

歴史決議は経済について、成長率最優先とはせずにイノベーションや環境の持続可能性など他の目標も支持。「GDP(国内総生産)は唯一の成功基準ではない」とした。

決議は国有企業の発展ならびに民間セクターの支援や指導への「揺るぎない」コミットメントを重ねて明記。戦略的な経済目標として、技術の「自立」強化を挙げた。

経済全般の債務水準引き下げに重点を置く「デレバレッジ」など、習氏に関連した経済政策のスローガンも多く挙げられ、独占禁止などより最近の政策的焦点も盛り込まれた。今後数年、あるいは数十年の優先課題となる可能性を示唆している。

原題:China Releases 36,000-Word Document Expected to Extend Xi’s Rule(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Bloomberg News

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT