発覚!! 金融庁の深き罪/1年前のあの時、東京海上を恫喝していた

繰延税金資産の計上をめぐり、りそな銀行と監査法人が繰り広げた5月の攻防。その際、りそな銀の自己資本比率四%割れを回避させるため、金融庁が「圧力」をかけたとする内部メモが流出、国会を舞台に騒動が起きている。
 金融庁は「圧力」を否定。しかし、5月31日号で既報のとおり、圧力は確かにあった。それが日本の金融行政のあり方なのだ。そしてそれを改めて裏付ける別の事実が、本誌取材で浮かび上がってきた。昨年1月、東京海上火災の生保子会社と朝日生命の合併が破談となった際、金融庁トップが東京海上に対して、合併をしなければ「業務停止命令を出す」と“恫喝”していたというのである。
【大崎明子記者】 
詳しくは『週刊東洋経済』2003年6月21日号参照

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。