発覚!! 金融庁の深き罪/1年前のあの時、東京海上を恫喝していた

繰延税金資産の計上をめぐり、りそな銀行と監査法人が繰り広げた5月の攻防。その際、りそな銀の自己資本比率四%割れを回避させるため、金融庁が「圧力」をかけたとする内部メモが流出、国会を舞台に騒動が起きている。
 金融庁は「圧力」を否定。しかし、5月31日号で既報のとおり、圧力は確かにあった。それが日本の金融行政のあり方なのだ。そしてそれを改めて裏付ける別の事実が、本誌取材で浮かび上がってきた。昨年1月、東京海上火災の生保子会社と朝日生命の合併が破談となった際、金融庁トップが東京海上に対して、合併をしなければ「業務停止命令を出す」と“恫喝”していたというのである。
【大崎明子記者】 
詳しくは『週刊東洋経済』2003年6月21日号参照

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT