米中日独仏の主要国が未署名で目標実現に不安

COP26「新車排ガスゼロ」宣言にボルボなどが署名

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーは10日、英グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で発表された化石燃料車を段階的に廃止する宣言に署名すると発表した。

目標実現を不安にさせる米中日独仏の参加見送り

世界全体で2040年までに、先進国市場では5年前倒しで新車の排ガスをゼロにする取り決めに同社のほか、米ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、ドイツのダイムラーなどの自動車メーカーが賛同。少数の他の製造業企業も同意した。

一方、独フォルクスワーゲン(VW)やBMW、トヨタ自動車などは参加を見送り。充電インフラの発展が十分でない上に、米国や中国、日本、フランス、ドイツなどの主要国が署名していないことが懸念されている。

次ページボルボはEVのみを手掛ける企業に生まれ変わる計画
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT