親の介護は「自宅」と「施設」のどちらにすべきか

「お金」や「時間」など、ここが選ぶ際の決め手だ

親が要介護になったら、どこで面倒をみるか。自宅も施設も、一長一短がある(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

親の介護が必要になった場合や、親だけで自立して暮らすのが難しくなった場合、自宅で介護サービスを利用するか、介護施設に入居するかという2つの選択肢があります。

自宅で受けられる介護サービスはどのような内容か、あるいは、どのような介護施設があるのか、ご存じでしょうか。親や介護する家族の意向に沿って、知っておくべきポイントを解説します。

自宅介護では介護保険サービスを組み合わせる

親の介護が必要になった場合や、生活に支援を要するようになった際、慎重に考えたいのが、居宅(自宅)介護か、施設介護か、です。

居宅介護は住み慣れた家で過ごすことができるため、介護される本人が希望するケースも少なくありません。家族の負担は重くなりがちですが、公的介護保険のサービスを利用することで、介護者の負担を軽減することもできます。

例えば、介護保険制度の地域密着型サービスに「小規模多機能型居宅介護」があります。デイサービス中心に、状況と要望に応じショートステイとホームヘルプを組み合わせて利用するもので、自己負担は所得などに応じて定額料金の1〜3割です(別途、宿泊費や食費がかかります)。

認知症の症状がある要介護度2のAさんは、平日週5日デイサービスに通うプランを立てました。1カ月の利用料(1割負担)は、昼、夕食代やその他の加算を含めて、月額で約5万7000円です。同居する家族が出張などの際には、1日約4000円でショートステイを利用しています。

次ページ1日に3回の訪問介護を受けられるサービスも
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT