英中央銀行は市場予想に反し政策金利を据え置く

成長減速への懸念インフレ高進リスクより重視

イングランド銀行(英中央銀行)は4日、市場予想に反し政策金利を据え置いた。成長減速への懸念をインフレ高進見通しより重視した。

ベイリー総裁率いる金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.1%で据え置くことを7対2で決定した。

一連の利上げで来年のうちに政策金利が1%に達するとの市場の見方に対しては、そのような急激な利上げをすればインフレ率は予測期間の最終地点で目標の2%を下回るだろうとして否定した。

ベイリー総裁は政策発表後の記者会見で市場予想について明確に言及し、「インフレ率を将来的に目標以下に押し下げる公算が大きいであろう規模の利上げ予想に対しては警告する」と述べた。

短期金融市場では利上げ予想が後退した。

短期金融市場では利上げ予想が後退した

イングランド銀は、最近の経済指標はインフレ率を目標水準に保つために「今後数カ月」内の利上げが必要だとの見解を強めたと表明。同時に、一時帰休者への支援策終了後の労働市場には大きな不透明感が残ると指摘した。

今回の決定はイングランド銀、特にベイリー総裁の信頼性に疑問を投げ掛けそうだ。総裁はここ数週間、利上げが差し迫っているとの観測が市場で高まるのを放置しておきながら、結局利上げに反対票を投じた。

MPCはまた、債券購入目標額の維持を6対3で決めた。最新の経済予測では成長見通しを引き下げ、インフレ見通しを引き上げた。

この予測によると、消費者物価のインフレ率は2022年4月に5%に達する見込み。当局者の大半はこれを一時的と見なしている。また、インフレ高進を防ぐために金融政策でできることはほとんどないと中銀は強調した。

成長見通しへの懸念が増していると示唆し、供給面のボトルネックと原油、天然ガス、電力の価格急騰によって消費が軟化している兆候を挙げた。

次ページ22年成長率予想は5%と0.3%下方修正
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT