新型WRX開発者の顔が「ほっこりしていた」わけ

WRX S4の“綺麗な走り"を体験してわかった事

レヴォーグと同様、「お客様の心の導火線に火をつける」という決め台詞をベースに、30年の歴史を継承するWRXにレヴォーグでの「超・革新」を融合。ついには「極・革新」なる新たな五島語(ごしまご)が披露された。

さらには「CVT(変速装置:リニアトロニック)の逆襲」という触れ込みが加わり、こちらとしても走る前からワクワク感が高まった。

まずは、WRX S4 GT-H EXに乗った。

サスペンションもエンジンもすべてが“綺麗”

ピットロードを出て、第1コーナーですぐに「これは相当違うな」という印象を持つ。なにせ、コーナーにスッと入り、キリっと旋回し、さらにすっきりコーナーを出る。走り味がとても“綺麗”なのだ。

レヴォーグも、現行型となる2代目は初代に対してコーナーの旋回性が高まっているが、新型WRX S4は2代目レヴォーグに比べて、“より綺麗に曲がる”のである。

コーナリングで”綺麗さ”が光る(写真:SUBARU)

試乗後、エンジニアに話を聞くと、「100種類以上のサスセッティングを試し、新型WRXの資質を素直に表現することを追求した」と開発の経緯を振り返ってくれた。

“綺麗な走り”はパワートレインでも感じられる。水平対向4気筒エンジンは、排気量が2.0リッターの「FA20型」から、2.4リッター化した「FA24型」となった。

最大出力は300psから275ps、最大トルクは400Nmから375Nmへと若干減少しているが、ターボチャージャーの各種電子制御によって、アクセルON時の吹け上がりが遅れる、いわゆるターボラグが解消されている。

STIオプション装着車の2.4リッター水平対向エンジン(写真:筆者撮影)

適宜にシフトアップ/ダウンする「CVTの逆襲」も、たしかに凄かった。技術的な詳細についてはスバルのホームページを参照いただくとして、「CVTの逆襲」は体感としては“鋭い”というより、車体やサスペンションと同じく“綺麗”であり、そこに“心地よさ”が加わるのだ。

次に、レヴォーグ STI Sport R EXに乗った。通常モデルの1.8リッターに対して、WRX S4と同様の2.4リッターエンジンを搭載したモデルだ。

第1印象は、WRX S4 GT-H EXと比べて、フロントタイヤからドライバーへのフィードバックが少し強い。

次ページ本命「WRX STI Sport R EX」で全開走行!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT