新型WRX開発者の顔が「ほっこりしていた」わけ

WRX S4の“綺麗な走り"を体験してわかった事

車両開発統括部のエンジニアは、「CVTの逆襲」のためのハードウェアの新設や改良、そしてエンジンとの制御マッチングについて、「人の感じる気持ちよさを徹底的につきつめた」として自信に満ちた表情を見せた。

 

そのほか、STI商品開発部関係者からは、オプション設定の各種パーツを目の前にして、“よりアグレッシブな見た目”と“よりしなやかな走り”への実現を説明してくれた。

「レヴォーグ」の開発も手掛けた商品企画本部の五島賢氏。東京オリンピックの聖火ランナーも務めた(筆者撮影)

WRXというクルマは、クルマの作り手として“ユーザーの顔が見える商品”であり、同時に“極めたい方向性が立てやすい商品”でもあるため、クルマ好き、そしてスバル好きでスバルに入社した開発者たちにとって、やりがいがある楽しい仕事だという共通認識がある。

一方で、“これからのスバル”について話を向けると「これからはいろいろ大変だ」という声が多いのだが、「なにが」「いつから」「どう大変か」という点では、まだ意識の統一には至っていない印象がある。

盤石の今こそ“これからのスバル”を描け!

2022年にトヨタと共同開発車であるEVの「ソルテラ」が市場導入されるとしても、EV化されたWRXの姿や、アイサイトXがさらに進化した完全自動運転のスバル車の姿を、今回のWRX S4開発関係者が描ける状況ではない。彼らの言葉を聞きながら、そう感じた。

ただし、見方を180度変えると、EVシフトや完全自動運転などを進めるほかの日系メーカーと比べ、スバルはモデル数が少なく商品性が尖っているため、メーカーとユーザーがブランド価値を共有しやすい環境にあるといえる。

商品としても、今回のS4を皮切りとする新型WRXによって、全モデルがスバルグローバルプラットフォーム採用の同じ世代となり、エクステリアデザインもSUV系、セダン系、ワゴン系、そして2ドアスポーツ系でスバルの新世代観を共有するステージに立った。

スバルの歴史上、商品ラインナップとしても、またブランド戦略としても、これほど充実した時期は過去になかったと思う。このように、スバルとしての足元がしっかり固まった今だからこそ、社員が一丸となって“これからのスバル”について真剣な議論ができるはずだ。大いなる期待を持って、これからのスバルを見守っていきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT