国交省11月からタクシーの相乗りを認めると発表 複数客で料金分担し割安でタクシー利用可能に

拡大
縮小

国土交通省は29日、タクシーの相乗りサービスを認める制度を11月から導入すると発表した。複数の利用客で料金を分担することで割安でのタクシー利用が期待できるという。

  • 配車アプリなどを通じて目的地の近い客同士を乗車前にマッチングし、タクシーに相乗りさせて運送するサービス
  • 運賃の分担などに関する一定のルールを定めた新制度を導入
  • 国交省が29日付で通達を交付し、11月1日から運用可能に
  • タクシー事業者にはマスクの着用や客同士が隣り合わない座席指定など、コロナウイルス感染対策の実施を求める
日本のタクシー車両Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:堀江政嗣

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT