国交省11月からタクシーの相乗りを認めると発表

複数客で料金分担し割安でタクシー利用可能に

国土交通省は29日、タクシーの相乗りサービスを認める制度を11月から導入すると発表した。複数の利用客で料金を分担することで割安でのタクシー利用が期待できるという。

  • 配車アプリなどを通じて目的地の近い客同士を乗車前にマッチングし、タクシーに相乗りさせて運送するサービス
  • 運賃の分担などに関する一定のルールを定めた新制度を導入
  • 国交省が29日付で通達を交付し、11月1日から運用可能に
  • タクシー事業者にはマスクの着用や客同士が隣り合わない座席指定など、コロナウイルス感染対策の実施を求める
日本のタクシー車両Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:堀江政嗣

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT