野間省伸・講談社副社長(日本電子書籍出版社協会代表理事)--紙の本と電子の本を売る力が必要、権利だけの主張は論外だ


──『死ねばいいのに』は紙は1700円で、電子はキャンペーン期間中は700円でした。

価格戦略はまだ実験段階。タイトルごとに変わるかもしれないし、刊行時期によって変わる可能性もある。たとえば電子を先行販売することも考えられるが、いち早く読めるのだから紙より高いという理屈は十分成り立つ。文庫化されるときに電子書籍も刊行するなら、文庫の価格を考慮した値付けになるだろう。

これまで紙の本の値付けはページ数に比例する部分が大きかったが、これを需給で決めることもできる。たくさん売れるから安く、ともいえるし、一方で逆に人気があるから高くても売れる、という考えもある。物理的な制約がない分、さまざまな実験ができる。

──今年内に2万点の電子書籍を刊行する計画ですね。

電子書籍にできるデータとしては6000~7000点をそろえている。コミックが主で、書籍の点数はまだそれには及ばない。まずは既刊本の電子化を進めているが、新刊本も著者の了解を得られれば、同時に電子化を進めたい。もちろん配信できるかはまた別の話だが。

──米国ではグーグルの「グーグルエディション」やアップルの「アイブックストア」など電子書店をIT大手が握りつつあります。

出版社としていちばん避けたいのが、小売りベースでの寡占。それによって表現の自由や言論の自由が失われる危険性がある。その企業の批判本が店に並ばないようでは困る。

電書協が「健全な電子書籍市場を作る」と言っているのはそういうことだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT