野間省伸・講談社副社長(日本電子書籍出版社協会代表理事)--紙の本と電子の本を売る力が必要、権利だけの主張は論外だ


 ただし、出版社が自分たちの立場を保護するためだけに、権利を主張するようなことはまったくの論外だと思う。

──電子化時代に出版社が著者に提供できる付加価値とは何でしょうか。

きちんと電子書籍として発行できることが、まず最低限の条件。そして紙と電子を両方とも売ることができる能力が求められる。当社もまだ電子は手探りだが、紙とは異なるプロモーション、マーケティングのノウハウ蓄積を急いでいる。

加えて著者に対してきめ細かな対応を取れることも必須だ。電子書籍でも十分な支払いを行うことや、正しいセールスリポートを定期的に上げることも付加価値に含まれるだろう。

──講談社がいち早くアイパッド向けに京極夏彦氏の新作『死ねばいいのに』を投入したことも話題となりました。

想像の世界で議論するよりも、まずはやってみようという段階に来ていた。京極氏という電子書籍に向いている著者が、今回の試みに乗ってくれた点も大きかった。

シミュレーションでも紙にもいい影響を及ぼす見通しだったが、実際は紙も電子も想定以上の売れ行きを見せた。電子は発売から5日間で1万部売れ、紙も増刷し発行部数を7万部まで伸ばしている。

また5月12日から6月18日までネット上で無料公開した五木寛之氏の『親鸞』(上巻)は、約42万アクセスがあったと同時に、書店での売り上げも無料公開前と比べて、上下巻とも25%以上伸びている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT