ほどよく裸になって著者自らをさらけ出す--『ドストエフスキーとの59の旅』を書いた亀山郁夫氏(東京外国語大学学長)に聞く


--ご自身の自伝的な体験についても鮮烈な描写があります。

この本のクライマックスはおそらく二つ。一つは私が30代半ばのとき、ロシアのウリヤノフスクで逮捕された経験。そこから得た全体主義、専制政治の恐怖。ドストエフスキーと共有されているものだろう。

もう一つは、カタストロフィーとでもいうべきこととの関連。広島から9・11、セミパラチンスクの核実験施設、ヴォルゴグラードでの戦闘といったカタストロフィーをなめた場所に実際にいって、そこでドストエフスキーの経験と重ね合わせ、記憶を蘇らせる。それがいま一つのポイントだ。

--本のタイトルどおり、旅での描写が中心ですね。

19世紀後半、ドストエフスキーの生きた時代、場所で旅を試みる。同時に自分自身の過去を旅していく。この二つの軸。加えて、ドストエフスキーが旅したロシア以外の場所を歩く。その三つでテーマごとに構成してみた。

その際に、ロシアとは何かという問題性も明らかにしたかった。旅をするときには大地を当然踏みしめていく。ロシア、ロシア人、あるいはドストエフスキーにとって、大地とはいったい何なのか。このテーマも自分なりに突き詰めてみた。

--数多くのロシアの都市や町、村が出てきます。

私自身、若いころに、ほんとにロシアを歩き回った。大学院生のときは旅行社の添乗員もした。研究旅行のついでに足を延ばすこともしばしばだった。一つの研究をまとめるために、ここも訪ねた、あそこも訪ねたと、種明かしをしているみたいな記述になった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT