ほどよく裸になって著者自らをさらけ出す--『ドストエフスキーとの59の旅』を書いた亀山郁夫氏(東京外国語大学学長)に聞く


--ご自身の自伝的な体験についても鮮烈な描写があります。

この本のクライマックスはおそらく二つ。一つは私が30代半ばのとき、ロシアのウリヤノフスクで逮捕された経験。そこから得た全体主義、専制政治の恐怖。ドストエフスキーと共有されているものだろう。

もう一つは、カタストロフィーとでもいうべきこととの関連。広島から9・11、セミパラチンスクの核実験施設、ヴォルゴグラードでの戦闘といったカタストロフィーをなめた場所に実際にいって、そこでドストエフスキーの経験と重ね合わせ、記憶を蘇らせる。それがいま一つのポイントだ。

--本のタイトルどおり、旅での描写が中心ですね。

19世紀後半、ドストエフスキーの生きた時代、場所で旅を試みる。同時に自分自身の過去を旅していく。この二つの軸。加えて、ドストエフスキーが旅したロシア以外の場所を歩く。その三つでテーマごとに構成してみた。

その際に、ロシアとは何かという問題性も明らかにしたかった。旅をするときには大地を当然踏みしめていく。ロシア、ロシア人、あるいはドストエフスキーにとって、大地とはいったい何なのか。このテーマも自分なりに突き詰めてみた。

--数多くのロシアの都市や町、村が出てきます。

私自身、若いころに、ほんとにロシアを歩き回った。大学院生のときは旅行社の添乗員もした。研究旅行のついでに足を延ばすこともしばしばだった。一つの研究をまとめるために、ここも訪ねた、あそこも訪ねたと、種明かしをしているみたいな記述になった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT