交通事故から8年「加害者と被害者」の悲しい対面

漫画「警視庁 犯罪被害者支援室の女」第2話

新米の犯罪被害者支援員・静は、この人物を1日かけてよく観察(アセスメント)するよう言われ……!?

犯人を捕まえることだけが警察の仕事ではない──

『警視庁 犯罪被害者支援室の女(1)』(小学館)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犯罪によって人生を狂わされた人々に対し、向き合っていくのが犯罪被害者支援室。

その新米支援員・静(しずか)。彼女の武器は「大学院で専攻していた心理学」、そして何より「相手を思いやる愚直な心」……。

警察が舞台のネオ・ヒューマンドラマ、 『警視庁 犯罪被害者支援室の女』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(27ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT