交通事故から8年「加害者と被害者」の悲しい対面 漫画「警視庁 犯罪被害者支援室の女」第2話

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
新米の犯罪被害者支援員・静は、この人物を1日かけてよく観察(アセスメント)するよう言われ……!?

犯人を捕まえることだけが警察の仕事ではない──

『警視庁 犯罪被害者支援室の女(1)』(小学館)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犯罪によって人生を狂わされた人々に対し、向き合っていくのが犯罪被害者支援室。

その新米支援員・静(しずか)。彼女の武器は「大学院で専攻していた心理学」、そして何より「相手を思いやる愚直な心」……。

警察が舞台のネオ・ヒューマンドラマ、 『警視庁 犯罪被害者支援室の女』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(27ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT