交通事故から8年「加害者と被害者」の悲しい対面 漫画「警視庁 犯罪被害者支援室の女」第2話

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
新米の犯罪被害者支援員・静は、この人物を1日かけてよく観察(アセスメント)するよう言われ……!?

犯人を捕まえることだけが警察の仕事ではない──

『警視庁 犯罪被害者支援室の女(1)』(小学館)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犯罪によって人生を狂わされた人々に対し、向き合っていくのが犯罪被害者支援室。

その新米支援員・静(しずか)。彼女の武器は「大学院で専攻していた心理学」、そして何より「相手を思いやる愚直な心」……。

警察が舞台のネオ・ヒューマンドラマ、 『警視庁 犯罪被害者支援室の女』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(27ページ)
六月柿 光 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ろくがつがき こう / Ko Rokugatsugaki

富山県出身。B型。『警視庁 犯罪被害者支援室の女』(小学館)が連載デビュー作となる。ほかの作品に『ビールの時間』(日本文芸社)がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT