「息子の犯罪を詫びる父」が直面した過酷な現実

漫画「警視庁 犯罪被害者支援室の女」第7話

被害者家族に「どうしても謝罪をしたい」と支援員に詰め寄る、加害者の父親だが……

犯人を捕まえることだけが警察の仕事ではない──

『警視庁 犯罪被害者支援室の女(1)』(小学館)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

犯罪によって人生を狂わされた人々に対し、向き合っていくのが犯罪被害者支援室。

その新米支援員・静(しずか)。彼女の武器は「大学院で専攻していた心理学」、そして何より「相手を思いやる愚直な心」……。

警察が舞台のネオ・ヒューマンドラマ! 『警視庁 犯罪被害者支援室の女』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(25ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT