中国の不動産開発会社の格下げ依然として続く

S&P緑地控股は資金繰りと苦境克服力に限界と

中国の不動産開発会社の格下げが続いている。S&Pグローバル・レーティングは緑地控股集団(グリーンランド・ホールディング・グループ)について、資金繰りが難しく、苦境を乗り切る力も限られるとして格付けを引き下げた。

S&Pは13日発表した資料で、緑地が期日が近い社債償還に対応できる見込みだとしながらも、同社の長期発行体格付けを「B+」と、これまでの「BB」から引き下げた。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」。その上で、販売および資金回収の悪化に伴い、今後1年で現金が減り続ける可能性があると予想した。

恒大は今、来月に再び利払い期限到来

流動性危機に陥っている業界最大手の中国恒大集団は19日に人民元建て債で1億2180万元(約21億5000万円)の利払い期限を迎える。11月6日にはドル建て債2本のクーポン支払期日が控えている。

関連記事:

  • 中国ドル建て債、9月に需要落ち込む-恒大の流動性危機が重し
  • 世界のドル建てディストレスト債、ほぼ半分が中国不動産セクター
  • 中国、リーマンの状況招くほど愚かでない-スタンダードC首脳

原題:Further Developer Downgrade Hits Sector: Evergrande Update(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Patrick Winters

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT