中国サービス業「景況感」が乱高下する背景事情

「財新サービス業PMI」、8月より6.7ポイント上昇

9月のサービス業PMIは前月より6.7ポイント上昇。好不況の目安である50を超える水準に再浮上した(図表作成:財新)

中国のサービス業界では、新型コロナウイルスの局地的かつ断続的な流行が、企業の景況感を乱高下させている。2021年7月下旬から8月にかけては、広東省や江蘇省で相対的に規模の大きい感染が起き、景況感が一気に冷え込んだ。ところが9月に入って流行が落ち着くやいなや、景気回復への期待が急速に高まった。

このような状況を背景に、10月8日に発表された2021年9月の財新中国サービス業経営活動指数(サービス業PMI)は53.4に上昇。好不況の目安とされる50を16カ月ぶりに割り込んでいた8月(46.7)から6.7ポイント跳ね上がり、好況圏に再浮上した。

サービス業の9月の事業活動は、供給と需要がそろって回復に転じた。調査対象企業からは、新型コロナの局地的流行が落ち着くとともに、サービス市場のセンチメントが改善。顧客数の増加を通じて、売り上げが回復軌道に乗った、との声が寄せられた。

「景気の下押し圧力はなお大きい」

供給と需要の同時回復を背景に、雇用にも明るさが戻った。サービス業の9月の雇用指数は、前月の縮小基調から拡大基調に転換した。ただし、指数の拡大幅はわずかな値にとどまっている。

目下の懸念材料は、物価の上昇によるインフレ圧力が強まっていることだ。サービス業の人件費、物流費、原材料費などが反映される投入価格指数は、上昇と下降のボーダーラインを9月も大きく上回って推移し、上昇幅は8月よりやや拡大した。

本記事は「財新」の提供記事です

「9月はサービス業の景況感が大きく改善した一方で、製造業の回復は限定的だった。(総合的に見た)景気の下押し圧力はなお大きい。サービス業では投入価格と販売価格の上昇が加速しており、(景気の先行きに対する)インフレの悪影響が心配の種だ」。財新グループのシンクタンクCEBMのシニアエコノミストを務める王喆氏は、そうコメントした。

(財新記者:範浅蝉)
※原文の配信は10月8日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT