「億ション専門」の仲介店舗がにわかに増える事情

割安だった中古物件も「億超え」が当たり前に

近年では高級マンション市場への仲介会社の参入が相次いでいる(記者撮影)

東京都港区に立つタワーマンション「東京ツインパークス」。地上43階のリビングからは、都心の高層ビルとともに東京タワーが一望できる。部屋の広さは、通常のファミリータイプの2倍にあたる148平方メートル。お値段は3億5980万円也。

住戸の売主は仲介大手の大京穴吹不動産だ。同社は10月1日、高級マンションを専門に扱う「麻布レジデンスサロン」を港区麻布十番に開設。港区など都心部に立地する1億円以上の中古マンションを中心に仲介を行うほか、買い取り再販では年間100戸の販売を目指す。

東京ツインパークスの住戸はその一例で、昨年11月に大京穴吹不動産が取得。内装にリノベーションを施して再販する。麻布レジデンスサロンの工藤純店長は「広さや眺望など希少性の高い住戸だ。東京ツインパークス内での住み替え需要も考えられる」と話す。

仲介会社の参入相次ぐ

高級マンションに照準を定めるのは大京穴吹不動産だけではない。仲介大手の野村不動産ソリューションズも2021年4月、高級マンション専門の仲介ブランド「レアリア」を立ち上げた。「1度目の緊急事態宣言が解除された2020年5月頃より、会社経営者や弁護士、医者などから高級マンションへの問い合わせが増えてきた」(同社経営企画部)のがきっかけだ。

麻布十番に出店した第1号店舗は、大京穴吹不動産の店舗から目と鼻の先にある。現在の取扱物件は都心3区(千代田、中央、港区)を中心とする平均面積120~150㎡程度の中古マンションで、平均価格は3億円強だ。

中古の高級マンション市場は、1985年に三井不動産リアルティが創設した「リアルプラン」が先駆けだ。富裕層向けに不動産売買や運用のコンサルティングを手がけ、現在は麻布や青山、銀座など都心部に5店舗を置く。

近年では高級マンション市場への仲介会社の参入が相次ぐ。

2017年からは、東急リバブルが都心マンション仲介に特化した店舗「グランタクト」を港区六本木などに構える。2019年には住友不動産も、やはり高級マンション専門の仲介店舗「マンションプラザ」を麻布や新宿、日本橋などに開設した。各社の取扱物件は1億円超のものが目立つ。

次ページ活発な億ション取引
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT