低い岸田内閣支持率、小泉内閣以降最低と調査も

自分自身を振り返りながら選挙に取り組むと首相

岸田文雄首相就任直後の世論調査は厳しい結果となった。菅義偉政権の終盤よりは改善したものの、最近の政権の発足直後の支持率を下回り、複数の調査で5割を切った。

朝日新聞の調査では、発足直後の支持率としては、現在の方法で調査を始めた2001年の小泉内閣以降で、麻生内閣の48%を下回り最低。支持率は発足当初は高く出る傾向にあり、65%だった菅政権は28%まで落ち込んだ。 

「支持する」と答えた人に理由を聞いたところ、「他よりよさそう」45%、「自民党中心の内閣」21%、「政策の面」18%、「首相が岸田さん」13%だった。

世論調査の結果について岸田首相は6日、「低い数字も含めてしっかり受け止め、自分自身を振り返りながらこれから選挙に向けてしっかり取り組んでいきたい」と記者団に語った。

岸田首相は衆議院を14日に解散し、19日公示・31日投開票の日程で選挙を行う。支持率がさらに低下すれば、衆院選の結果に影響を与えるほか、政権運営も困難が増すことになる。

厳しい船出となったPhotographer: David Mareuil/Anadolu Agency/Bloomberg

 

(岸田首相のコメントを追加しました)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:延広絵美

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT