世界的天然ガス危機がすでに石油需要を押し上げ

サウジの国営石油会社が生産能力増強を計画

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、天然ガス危機がすでに石油需要を押し上げているとの見方を明らかにし、同社の生産能力増強計画をあらためて示した。

OPECプラス、供給拡大ペース維持で合意-NY原油は急伸

サウジアラムコのアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)によると、原油消費量は日量50万バレル程度増加している。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は4日、11月に供給量を日量40万バレル増やす方針を維持することで合意した。

欧州とアジアでの供給不足で天然ガスの価格が高騰。一部企業では動力源を石油に切り替えることを余儀なくされている。

ナセル氏はエネルギー・インテリジェンス主催のフォーラムで、「需要が高まっている。特にアジアの一部の市場では天然ガスから石油へのシフトも見られている」と述べた。

アラムコは、2027年までに石油生産能力の日量1200万バレルから1300万バレルへの増強を完了することを目指しているとナセル氏は説明した。

原題:Aramco Says Global Natural-Gas Crisis Is Boosting Oil Demand (2)(抜粋)

 

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Matthew Martin

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT