日本には欠けている、米国経済「強さの根本理由」

世界中の投資マネーを集める「決定的な」裏付け

史上最高値の更新を続ける米国の株式市場。米国経済が持つポテンシャルとは(写真:assis/PIXTA)
史上最高値の更新を続ける米国の株式市場に、世界中の投資家が注目している。コロナショックを機に投資を始めた方々も、米国の株式市場から目を離せない、という状況が続いているのではないだろうか。
長年、トレーダーとして世界のマーケットを渡り歩いてきた松本大氏は、「米国経済が持っているポテンシャルというのは、実に計り知れないほど大きなものがあります」と語る。
トレーダーとしての経験を生かし、投資初心者向けに米国株について解説した『今日から始める!米国株投資超入門 松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由』を上梓した松本氏が、日本経済に欠けている、米国経済の「強さの根本的な理由」を解き明かす。

米国経済の成長力は「マクドナルド」でわかる

近頃、米国株投資ブームといえる状況が続いています。コロナショックを物ともしない、圧倒的な成長力が注目を集めているのでしょう。

『今日から始める!米国株投資超入門 松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そのすさまじい成長力がよくわかる例が身近にあります。有名ファストフードチェーン、「マクドナルド」です。

マクドナルドはもともと米国の企業です。そのマクドナルドに目を付けた藤田商店の社長だった藤田氏が、米国のマクドナルド本社からフランチャイズ権を取得して設立したのが日本マクドナルドです。

第1号店が銀座三越店内にオープンしたのが1971年のことですから、2021年でちょうど50周年を迎えました。

日本マクドナルドは、米国マクドナルドと藤田商店の折半出資によって立ち上げられた会社です。ハンバーガーなど商品の製造、販売に関する技術などの提供については米国マクドナルドが提供するものの、会社のマネジメントは藤田商店が行い、かつ社長以下全社員を日本人にするという条件でスタートしました。

会社の主導権は実質的に日本にあるといえるため、日本マクドナルドはほぼ純粋な日本企業といってもいいでしょう。

次ページ日米マクドナルド株価の「圧倒的な差」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT