金融庁が業態超えた横断的リスク把握を強化

低金利環境下でリスク資産への投資増加に対応

金融庁は今事務年度(2021年7月ー22年6月)から大手銀行に加え地方銀行や生命保険会社の信用・市場リスクを「業態を超えた共通課題」として横断的なモニタリングを開始する。低金利環境下で利回りを追求する金融機関がリスク資産への投資を増やしているためだ。

金融庁の屋敷利紀審議官はブルームバーグの取材で、金融機関の有価証券運用では国債の比率が低下する一方、絶対額は多くないものの証券化商品や私募債、私募REIT(不動産投資信託)なども増加しているとの認識を示した。

金融庁・屋敷審議官Source: Financial Services Agency

その上で、現在の市場環境下では「これまでは取らなかったリスクを取らざるを得なくなっている」とした上で、「誰もがノウハウがあるかといったらそうではない」と指摘。投資実行時の審査基準の適切性や運用段階のリスク管理について注意深くモニタリングする必要があると述べた。

次ページ銀行の増え続ける有価証券運用は苦慮の証
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT