日経平均の「大相場」が始まったのかもしれない

「倍返し」では終わらない可能性が出てきた?

次の自民党総裁が誰なのかはわからないし、日本経済は盤石ではない。だが33年ぶりに示現した日経平均の「12陽連」は、何かを暗示しているのかもしれない(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

日本株は9月に入ってから予想外の急騰で景色が一変した。投資家の多くが今考えていることは、当然ながら「この相場は続くのか。上がるとすればどこまで上がるのか」だろう。

そこで、最もシンプルなテクニカル目標値である「倍返し」で考えてみよう。下落から反転した相場は、まず下落幅の半値戻しが目標値となる。そして半値戻しを達成した場合は、「半値戻しは全値戻し」の相場格言のごとく、全値、つまり「下げる前の水準」まで戻す可能性が高い。

「倍返し」は「ドラマの流行語」ではない

では、全値を戻すとどうなるか。その全値戻しの位置から下げ幅の分だけ、さらに上昇する可能性に期待するのが「倍返し」だ。これは昔からある相場理論であり、近年のドラマからとってきた流行語ではない。

今回のコロナ相場を日経平均株価のチャートで見ると、2つの大きな下げが見えるはずだ。1つは、世界が震撼した2020年3月のいわゆる「コロナショック」である。もう1つは、新型コロナウイルスのデルタ株感染が予想外に拡大し、今年2月高値を起点にした8月までの下げ相場だ。

前者は、2020年1月20日の2万4083円が3月19日の1万6552円まで7531円下げたので、倍返しは3万1614円となる(いずれも終値ベース)。一方の後者は、今2021年2月16日の高値3万0467円が8月20日の2万7013円までの下げ幅3454円の倍返しで、3万3921円となる。

つまり、今の9月相場を「昨年のコロナショックから立ち直る相場の最中」という大きな波動で見ると、目先の日経平均の目標値は3万1614円となる。一方、「倍返し相場は2021年2月16日の3万0467円で未達のまま終わった」と考えると、今度は後者の倍返し相場の目標値3万3921円が今回の上値目標値となる。

次ページどちらの倍返しが正しい?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT