「女性を守る」ために女性が解雇されたワケ

鉄道に見る女性差別と男性差別

自動車と鉄道の違い

一方、乗り物が好きなのは同じなのに、カーマニアは鉄道オタクとは明らかに違う扱いを受けます。車や列車のうんちくはわからなくても、デートにかっこいい車でドライブの迎えに来るのと、「これがE657系っていう、新しい特急車両で……」では、女性の反応は違うでしょう。つまり鉄道という職場は「女性差別」の世界なのに、鉄道オタクは奇異の目で見られる、「男性差別」の一例なのです。

自動車と鉄道におけるファンの扱われ方は、なぜこんなに違うのでしょう? 私は「助手席」という「女性のための空間」の存在の有無にかかわっているのではないかと考えています。

車の運転をめぐるイメージには、強烈な性役割のステレオタイプが埋め込まれています。デートでドライブのときに運転するのは男性で、女性はお弁当を作ってくる。そして運転席の横には女性のための場所(=助手席)があり、席を倒せば「簡易ラブホテル」にもなる。さらに「初デートでカレが軽に乗ってきたのですが、それって……」というのが、ネットの書き込みサイトで「相談事」になってしまうのは、車の格が男性の経済力を示すからで、まさに男性役割を象徴しています。

そのことを「男性差別」と呼ぶこともできるのですが、鉄道派と違って、車派は恋愛に直結する「勝ち組」なのです。

対する鉄道オタクは、他人としゃべることもなく、ひたすら自分の世界に入り、ある列車が廃止される日には、列車を擬人化して「ありがとう!」と叫ぶ(この分野は「葬式鉄」と呼ばれています)。そりゃあ、こんな「葬式」に付き合いたいと思う女性は少ないでしょう。女性の居場所などなく、女性とコミュニケーションをとろうという意識もないので、女性からの評価が下がってしまうのも当然と言えるかもしれません。

でも、女性のための空間という意味では、鉄道にも寝台列車の個室があります。「カシオペア(全車両個室、上野⇔札幌)で北海道に行こう」と言われて、「えぇ~、飛行機がいい」と言う女性は少数派ではないでしょうか? カシオペアにはラウンジカーや食堂車などがあり、移動自体を楽しめる空間となっていて、朝、目覚めたときに北の大地を走っている爽快感は、飛行機では味わえません。

う~ん。ですが、だとすれば「男性差別」に遭わない鉄道オタクというのは、鉄道大学、乗り鉄学部、寝台列車学科、個室ゼミ所属の人だけということですね。あまり救いにならないような……。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT