ネットで選挙は戦える! 「ネット街頭演説」解禁はできなかったが、秘策あり


 2本目の矢である音声メールは、送られたメールを開くと自動的に音声が流れるという仕組みだ。「メール禁止」という公選法に抵触しそうであるが、実はセーフ。同法第142条は、「選挙運動のために使用する文書図画は、(中略)規定するビラのほかは、頒布することができない」としているが、「文書図画」には音声が入らない。

たとえば、選挙期間中に「投票依頼の電話」がかかってくるのは音声が規制されないためである。つまり、音声についてはいっさい制限していないのだ。選挙を管轄する総務省からも、「問題ない」との回答を得ている。

3本目の矢は民主くんによるプロモーションビデオだ!

本当は「初音ミク」で行きたかったが、初音ミクは、その名称やイラストなど、そのキャラクター性を特定の政治団体のためには使えない、との回答がコピーライトを持っている会社からあり、それではと民主くんを使うことにした。

初音ミクは、ネットユーザーの間で話題になっている架空の女性シンガーのことである。音声合成システム「VOCALOID2」を採用した人工音源で、メロディと歌詞を入力すると音声によるボーカルパートやバックコーラスを作成することができる。要するに、自分の好きな言葉を初音ミクに歌わせることができるというわけだ。

 これを利用して候補者のプロモーションビデオを制作し、ネット上で流す。話題のツールを用いれば、若い世代にも政治を身近に感じてもらえると考えていた(結局は民主くんで代用)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT