打倒ヴェゼル!199万円~カローラクロスの衝撃

Cセグメントの穴を埋めトヨタのSUV包囲網完成

2020年のタイでの発表から満を持して国内発売された「カローラ クロス」(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(55枚)

2021年9月14日、トヨタは新型クロスオーバーSUV「カローラ クロス」の日本仕様を発表し、販売を開始した。

カローラ クロスは、2020年7月にタイで世界初公開。タイや台湾ではすでに販売されており、人気を博しているモデルである。また、2021年7月には北米仕様が公開されており、「ヤリス クロス以上ハリアー未満」というちょうどいいサイズ感から、日本への導入に大きな期待が寄せられていた。

「カローラ」の名がつくSUVは、初代カローラが1966年に誕生して以来、初めてのこと。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

発表会では、「お客様の期待を超える室内空間・ユーティリティと、堂々としたデザインを兼ね備えたカローラ クロスを、カローラの価格帯でご提供させていただく」とコメントされた。

今回、カローラ クロスが導入されたことで、トヨタのSUVラインナップは、「ライズ」「ヤリス クロス」「C-HR」「ハリアー」「RAV4」「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー」「ハイラックス」の9車種が並ぶこととなる。まさに「SUVフルラインナップ」の様相だ。

C-HRもカローラ クロスと同じCセグメントのSUVだが、C-HRは室内空間よりもクーペライクなデザインを重視したパーソナルなモデル、カローラ クロスは後席や荷室の広さも重視したSUVらしいモデルと、すみ分けを図る。

同セグメントながらキャラクターの異なる「C-HR」(写真:トヨタ自動車)

SUVでもカローラツーリングより安い価格設定

カローラ クロスは、歴代カローラが培ってきた「プラスα」の思想と「お客様に寄り添い、進化し続ける」という使命を受け継ぎ、「これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生した」という。

開発コンセプトは「新空間・新感覚 COROLLA」で、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費が両立されたと説明される。

価格(税込)は、ガソリンモデルが199万9000円から264万円、ハイブリッドモデルが259万円から319万9000円。同クラスのCH-R(238万2000円~)よりも、コンパクトSUVのヤリス クロス(179万8000円~)に近く、コストパフォーマンスの高さが光る。「カローラツーリング」(201万3000円~)よりも安価な、戦略的な価格設定だ。

次ページフロントマスクは日本仕様専用デザインに
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT