アルカイダがアフガンで復活し米テロ攻撃可能に

期間は「1~2年で可能」と二人の米高官語る

国際テロ組織アルカイダはアフガニスタンで再び力を蓄え、1年か2年以内に米国内でテロ攻撃を組織することができるようになる可能性があると、米情報機関の高官2人が指摘した。

米国防情報局(DIA)のベリエ長官は14日、情報関連の会合で、「現在の判断では控え目に言っても、1年から2年で米国土を少なくとも脅かす一定の能力を築く可能性が高い」と語った。

米国防情報局(DIA)のベリエ長官(今年4月)Photographer: Samuel Corum/AFP/Bloomberg

さらに「あらゆる種類の資源や手段を使って、アフガニスタンの内部に再び通じる方法を考えている」と述べた。「その取り組みを優先している。それを今後も続けていくが、この極めて乏しい資源のバランスを保つよう慎重でなくてはならない」と続けた。

中央情報局(CIA)のコーエン副長官も1年から2年という見方に同意し、アルカイダがアフガニスタンで勢力を立て直そうとしていることを米情報機関はすでに把握していると明らかにした。

原題:Al-Qaeda Could Strike U.S. From Afghan Base Next Year, Spies Say(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Chris Strohm

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT