ハーバード大が化石燃料には投資せずと表明

同大学は約4兆6100億円に上る寄付基金を運用

米ハーバード大学は寄付基金について、今後は化石燃料に投資せず、代わりに環境に優しい経済を支える使途に資金を振り向ける方針だ。ローレンス・バコウ学長が明らかにした。

バコウ学長が同大ウェブサイトに掲載した書簡によると、420億ドル(4兆6100億円)に上る寄付基金を運用するハーバード・マネジメントは化石燃料の探査・開発を手掛ける企業に投資せず、「今後もそうした投資を手掛けるつもりはない」という。

書簡で同学長は「経済を脱炭素化する必要性と、教育・研究目的を支える長期的な投資決定を行う受託者としての責任を踏まえると、そうした投資が賢明とは考えていない」と説明した。

バコウ学長によれば、ハーバードは化石燃料関連のエクスポージャーがあるプライベートエクイティー(PE、未公開株)ファンドへの投資は残っているが、こうした投資は寄付基金全体の2%未満で「流出モード」にある。

原題:Harvard’s $42 Billion Fund to Stop Investing in Fossil Fuels (2) (抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Kevin Crowley

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT