「英会話で言葉につまる人」が知らない3つの技術

頭が真っ白になってしまうのには理由がある

英単語がすぐ出てこないときはどうしたらいいのでしょうか(写真:Ushico //PIXTA)
英会話の上達には、実践を重ねることがとても大切です。今はオンライン英会話という便利なサービスのおかげで、24時間365日どこでも実践が可能です。しかし、「とにかく話そう」といわれても、その「とにかく話す」が難しいもの。
いざ英語を話そうと思うと、単語が出てこなかったり、英文をどう作ればいいかわからず、頭真っ白でフリーズ、なんて経験はありませんか。単語や文法をいくら勉強しても、いざとなると話せない! そんな方にお伝えしたいのが「とっさの英語に強くなる3つのメソッド」です。
『have do getで英語は9割伝わります! とっさの英語に強くなる! 魔法の万能3動詞』を上梓したジュリアーノ熊代氏が解説します。

単語は「言い換え力」で乗り切る

メソッド① 単語につまったら2方向に考える

英語の学習を進めて語彙力が多少上がっても、単語がわからない状況は、どうしても避けられません。そんなときは、「言い換え力」で乗り切れます。

例えば、「おととい」は英語でなんと言うでしょうか? 正解はThe day before yesterdayですが、これを知っているかどうかは重要ではありません。重要なのは「手持ちの語彙で言い換えるスキル」です。

コツは日本語で「より具体的に」「より抽象的に」の2方向で考えること。私はこれを「おととい変換」と呼んでいます。試しに「おととい」を抽象・具体の2方向に「日本語で」言い換えてみてください。

  • 抽象……この前・先週・過去・今月・昨日
  • 具体……2日前・48時間前・日付・曜日

できるだけ多くの候補を出したら、今の語彙力で英語にできそうなものを探します。2日前=2days agoや、曜日なら言えそうですね。なんなら、「昨日」と言ってもいいのです。聞き手にとってそんなに重要でなければ、これくらい「ゆるくズルく」考えるのもコツのひとつです。

もう一例を「親戚」で考えましょう。調べればrelativeとわかりますが、図のように2方向で考えます。「家族=family」「叔父→父/母の兄弟=my father’s/mother’s brother」なら今の語彙力で言えるはずです。

(図:『have do getで英語は9割伝わります! とっさの英語に強くなる! 魔法の万能3動詞』より)
次ページメソッド② 迷ったら「万能3動詞」に頼ろう
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT