方丈記に描かれた5大災厄が映す諸行無常の本質

養老孟司が「一番読んでもらいたい古典」と言う訳

旅の途中、いつかの記憶に思いをはせる……「方丈記」に記された災害の記憶とは(画像:信吉/文響社)
「枕草子」「徒然草」にならぶ、日本三大随筆のひとつである「方丈記」。「ゆく河の流れは絶えずして〜」の冒頭ですが、前半は平安時代末期におこった5つの大きな災害のルポタージュであり、実は日本最古の災害文学なのです。
5つの災害とは、地震、辻風(竜巻)、急な遷都、飢饉と疫病、地震のこと。この方丈記を漫画化した『漫画方丈記』より、5大災厄のうちの1つ、「飢饉と疫病の災い」の部分を抜粋しご紹介するとともに、養老孟司さんによる解説をお届けします。
(外部配信先では漫画を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

「飢饉と疫病の災い」

(©漫画:信吉/文響社)
次ページどんなに高価なものでも…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT