「医師からの説明」でなぜ患者は不安になるのか

「死亡率10%の手術」と「生存率90%の手術」の差

医師からの説明を聞きながら、副作用などについて不安になったことはありませんか?(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

医師からこれから行う治療について説明を受けた際、その説明書や同意書に書かれている治療の副作用が目に留まり、不安になった経験はありませんか?

例えば麻酔薬の使用によるアレルギーなど、数十万人に1人にしか起こらないような、まれな副作用であっても、いざ自身がその治療を受けるとなると自分がその数十万分の1に当てはまるのではないか、と不安になるものです。

「インフォームドコンセント」とは?

このような治療についての説明は、インフォームドコンセントと呼ばれます。和訳は「説明と同意」であり、医師の説明と患者の同意の両方が成立することではじめて意味を持ちます。

この連載の一覧はこちら

インフォームドコンセントは近年、医療現場で重要視されるようになっており、その背景としては、医師と患者の関係性の変化が挙げられます。以前はパターナリズム(父権主義)と呼ばれるような、患者はすべて医師の言う通りに従うことが当たり前、という時代でした。しかし現在の医療現場では、これからどのような治療が行われ、その治療は何がリスクなのかを患者側も適切に理解し、疑問点を解消したうえで治療に同意することが、医療の透明性の確保や信頼関係の構築に繋がる、という考え方が主流です。

インフォームドコンセントは、リスクを事前にすべて説明することで訴訟を避けるというような単なる医師の保身ではなく、患者が自分の病状や治療についての「知る権利」を満たし、安心して治療を受けるための大切な方法なのです。

しかし一方で「知る」ことによって、むしろ患者の不安が増すケースがよく見られます。まれな副作用であれば、いっそ知らないほうが余計な心配なく治療を受けられる、という方もいらっしゃいます。安心して治療を受けるために説明を受けているはずなのに、このように不安になってしまうのはなぜなのでしょうか? これは、治療方針や副作用の知識そのものはインフォームドコンセントで得られますが、治療への不安はそれだけでは解消されないからです。

治療の説明を受けるからには「絶対に治るから大丈夫ですよ」と言われて安心感を得たいのに、不安を訴えても安心に足る確定的な返答を医師から貰えない場合もあります。なぜなら、医療行為に絶対はないため、100%トラブルなく病気が治るとはなかなか言えないからです。すると、不安を解消するためにインターネット等で病気の症状や治療方法を検索し、その結果リスクをあおる記事ばかりが目につき、さらに治療への不安が増してしまいます。

次ページやみくもに「検索」しないほうがいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT