アウディが大型EVセダンのコンセプトカーを公開

人から運転作業を引き継ぐ新ソフトウエア搭載

アウディの「グランドスフィア」EVセダン出典:アウディ

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディはフルサイズの電気自動車(EV)セダンのコンセプトカーを初公開した。テスラとの技術格差縮小や2030年までの販売・利益拡大をさらに推進する上で鍵を握る見通し。

「グランドスフィア」は昨年立ち上げられたエンジニアリングの作業チーム「アルテミス」が開発した車では第1号となる。25年に生産が予定されるセダンの先駆けとなる。一定の条件で人から運転作業を引き継ぐことを可能にする全く新しいソフトウエアのスタックを搭載する。

CEOが長期的には11%の利益率維持が現実的と発言

アウディは年間の販売台数を30年に300万台に拡大することを見込んでいる。新型コロナウイルス流行が重しとなった昨年は170万台だった。同社は26年以降に投入する新車を全て完全なEVにすると表明している。

アウディの利益率は四半期ベースで再び9-11%の目標レンジに収まるようになってきた。マルクス・ドゥスマン最高経営責任者(CEO)はVWグループ全体で実現する規模の経済拡大で、11%の利益率維持が「長期的には間違いなく現実的である」ことが示唆されていると指摘した。

原題:Audi’s Electric Sedan Concept Heralds Fresh Bid to Counter Tesla(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Christoph Rauwald

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT