立候補者増えても総裁選では岸田氏有利揺るがず

菅首相が自民党総裁選不出馬表明、首相も辞任へ

 菅義偉首相は3日、自民党総裁選に立候補しないと表明した。首相も辞任する見通し。

来週にも改めて会見する。新型コロナウイルス対策に専念するという。

自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)には、岸田文雄前政調会長がすでに出馬表明しているほか、高市早苗前総務相も意欲を示している。日本経済新聞によれば、河野太郎行政改革担当相も出馬を検討している。

総裁選不出馬を表明する菅首相(3日・官邸)Photographer: Behrouz Mehri/AFP/Getty Images.

日本大学大学院の岩井奉信講師は、党内では役員を入れ替えても衆院選には勝てないとの意見が多く、「役員を引き受ける人がおらず、追い込まれてしまった」との見方を示した。菅首相の不出馬で総裁選に手を挙げる人は増える可能性があり、党員人気が高い石破茂元幹事長の動向も注目されるが、「岸田氏が有利であることは間違いない」とも指摘した。

クレディ・アグリコル証券の森田京平チーフエコノミストは、岸田氏が首相になる可能性は高まったとした上で、「経済政策、財政政策、金融政策でなにか大きな方向性の変化があるとは思えない」と説明。岸田氏が強化を明言するコロナ対応に変化があるとの見方を示した。

菅首相は昨年9月、体調不良で辞任した安倍晋三前首相を引き継いだ。コロナ対策では緊急事態宣言を発令してワクチン接種を進めているが、感染は収まっていない。コロナ禍の五輪開催には批判も出ていた。

  一方、携帯電話料金引き下げやデジタル庁の設置、温室効果ガス排出を2050年までに実質ゼロにする「脱炭素宣言」も行った。4月にはワシントンを訪問し、バイデン大統領が初めて対面会談する外国首脳となった。

NHKの世論調査で発足当初62%あった支持率は8月の調査で29%と政権運営が困難な「危険水域」といわれる30%を割り込んだ。地元で行われた8月の横浜市長選で自身が支援した候補が敗れたほか、4月の衆参補選・再選挙などでも自民党候補の敗北が続いている。 

 

(菅首相の発言を追加します)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:延広絵美、伊藤純夫

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT