コマツ「人手不足の建設現場」を変えるDX化戦略

NTTドコモなど3社と合同で新会社を立ち上げた

――販路開拓でスマートコンストラクションの導入を進めるにしても、ICT建機の販売価格はまだまだ高いですね。

ICT建機の販売価格もレンタル価格も高いのはそのとおりだ。

ただ、利益率が必ずしも高いかというとそうではない。そもそも建機と鉱山機械は、それぞれ合わせても世界中で年間30万台くらいしか売れない。1億台売れる自動車とは市場規模がまったく違う。その建機の中でも、ICT建機はさらにニッチだ。

四家千佳史(しけ・ちかし)1997年に「BIGRENTAL」を創業。2008年に同社とコマツレンタルが経営統合し、コマツレンタル社長に就任。15年からコマツで執行役員スマートコンストラクション推進本部長。21年7月よりアースブレイン会長も兼務。

高精度であるがゆえに、高額であるICT建機を誰でも買ってくれる訳ではないだろう。

そこで2020年に従来型の建機に後付けでICT施工を可能にするキットを70万円で発売した。このキットはあらゆるメーカーの、どんな古い建機にも取り付けられる。

また先進安全技術の普及で、自動車でも(高精度なGPS〔衛星測位システム〕などの)機器類が広く使われるようになった。それに伴い、ICT建機でも(衛星測位システムなどの機器類の)コストダウンが実現できた。

それでも機能を絞りつつ価格を抑えたので、決して儲かるわけではない。だが、われわれは(建設現場の作業効率化のために)ICT建機を用いた、建設工事のDX化を普及させていかなければならない。

土木工事の「きつい・危険・汚い」を変える

――今後はスマートコンストラクションをどう普及させていきたいですか。

(技術普及論では)最初に技術導入を行うイノベーターとよばれる層が、市場全体のうち2.5%いるといわれている。いま建設現場に導入してくれているのは、このイノベーターたちだ。ここから4年で、イノベーターに向けてスマートコンストラクションをさらに普及させたい。その後の4年で、アーリーアダプターと呼ばれる、情報感度が高い層に普及させていく。そこからはどんどん導入も広がっていくと考えている。

世界には土木工事市場が年間200兆円規模で存在する。これから広がっていく大きなマーケットもある。今は「きつい・危険・汚い」と言われる土木の現場だが、それを「かっこよく・スマート」に、儲かる現場にしていきたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT