世界的な半導体不足、2023年まで続く可能性

独半導体メーカー・インフィニオンCEOが指摘

ドイツ最大の半導体メーカー、インフィニオンテクノロジーズは、自動車やコンピューターの生産を妨げている世界的な半導体不足が何年か続きかねないとみている。

ラインハルト・プロス最高経営責任者(CEO)は独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)とのインタビューで、生産能力の拡大ペースが消費者需要になかなか追い付けない分野で、半導体不足が「2023年になっても」続くかもしれないと指摘。

半導体のリードタイムは7月に20週間超に長期化

その上で、「シリコンウエハーを半導体に加工する新たな施設やクリーンルームの建設には2年から2年半かかり、既存施設をアップグレードするには9カ月から1年かかる可能性がある」と述べた。

半導体不足でテスラからアップル、マイクロソフトに至る企業の生産に支障が生じている。サスケハナ・ファイナンシャル・グループの調査によると、半導体のリードタイム(発注から納品までにかかる時間)は7月に20週間を超え、前月から8日間余り延びた。

次ページEV導入と再生可能エネルギーの加速が半導体不足に拍車
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT