部下をサポートするときの鉄板フレーズ

管理職の的外れなセリフがモチベーションを奪う

また「いったん、始めてみよう」という声がけも有効です。「いったん」という言葉には「後で修正できる」という意味合いが含まれるため、細かい部分に納得できてない女性を「とりあえず」動かすことができます。仕事に着手する取っ掛かり・言い訳を作ってあげるのです。

歩み寄るか、引き寄せるか

このように、自分と感じ方・考え方・話し方が違う相手と働く場合の選択肢には、「相手に合わせる」パターンと、「相手の足りないところを補ってあげる」パターンがあります。

前回のコラムでは正しい歩み寄り方(フレーズを口にすればいい)を、今回のコラムでは補い方(トラブルに警鐘を鳴らす)を、それぞれ紹介しました。

性別は違っても仕事の進め方が似ている相手はいるものですし、逆に、同性でもどうもしっくりこない相手も当然います。そのたびに、イライラしていては身が持ちません。

「自分とは違う相手とどう付き合うべきか」。その課題に向き合うヒントが「異性と働く」というテーマには詰まっているのです。 

女性の部下をサポートするときにはこれが鉄板!
「とりあえずいったん進めてみようか」
男性の部下をサポートするときにはこれが鉄板!
「状況を整理してみたんだけど」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。