部下をサポートするときの鉄板フレーズ

管理職の的外れなセリフがモチベーションを奪う

また「いったん、始めてみよう」という声がけも有効です。「いったん」という言葉には「後で修正できる」という意味合いが含まれるため、細かい部分に納得できてない女性を「とりあえず」動かすことができます。仕事に着手する取っ掛かり・言い訳を作ってあげるのです。

歩み寄るか、引き寄せるか

このように、自分と感じ方・考え方・話し方が違う相手と働く場合の選択肢には、「相手に合わせる」パターンと、「相手の足りないところを補ってあげる」パターンがあります。

前回のコラムでは正しい歩み寄り方(フレーズを口にすればいい)を、今回のコラムでは補い方(トラブルに警鐘を鳴らす)を、それぞれ紹介しました。

性別は違っても仕事の進め方が似ている相手はいるものですし、逆に、同性でもどうもしっくりこない相手も当然います。そのたびに、イライラしていては身が持ちません。

「自分とは違う相手とどう付き合うべきか」。その課題に向き合うヒントが「異性と働く」というテーマには詰まっているのです。 

女性の部下をサポートするときにはこれが鉄板!
「とりあえずいったん進めてみようか」
男性の部下をサポートするときにはこれが鉄板!
「状況を整理してみたんだけど」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。