米産業界、従業員側がついに賃金面で主導権握る

賃上げ効果を相殺するデルタ変異株とインフレ

米国では数十年ぶりに賃金面で従業員側がついに主導権を握ったようだ。それを示す兆しが至る所で見られる。

例えばスーパーマーケット運営のクローガー、メキシカン・レストラン経営のチポトレ・メキシカン・グリル、スポーツ用品のアンダーアーマーは従業員引き留めに向け躍起になって時間給引き上げに動いている。さらにコーヒーチェーンのスターバックスが新規採用ボーナスを提示したり、ヘルスケア関連のCVSヘルスが求職者に対する学歴要件を緩和したりといった具合だ。

従業員の給与は1980年代初め以来の最も手厚い改善

米経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う昨年の落ち込みから振れの大きいまちまちな回復を見せる中で、こうした傾向がいつまで継続するかは不透明だ。ただ1つ確かなのは、従業員の給与待遇が1980年代初め以来最も手厚い改善となっているということだ。レジャー・接客業ではここ2年、賃金が年換算6.6%のペースで上昇。6日発表された7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数がほぼ1年ぶりの大幅増となり、雇用者側が人手確保で四苦八苦している状況が示された。

市場調査会社グローバルデータのマネジングディレクター、ニール・ソーンダース氏は「十分な人員を集められなければ、本当に追い詰められる。今はそうした状況だ。賃金は上がったし、今も上昇している」と語った。

次ページ賃上げ効果を相殺するデルタ変異株とインフレ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT