縄張り越えた「観光列車レンタル」新潮流になるか

東急に続くか、オフシーズンに「他社貸し出し」

えちごトキめき鉄道の観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」(写真:えちごトキめき鉄道)

2021年4月23日、運行開始から5周年を迎えたえちごトキめき鉄道(トキ鉄)の豪華観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」は、記念特別列車の運行を行った。1人当たりの料金は2万5000円。通常よりも割高だったにもかかわらず、特別列車の席は予約受け付けから10分と経たずに埋まってしまった。

建築家の川西康之氏の手による美しい車両の中で、国内の鉄道では屈指の大きな窓から見える妙高高原の山あいの景色や田園風景を眺めながら、地元の食材に舌鼓を打つ。地方の第三セクター鉄道会社が運営する観光列車の中でも、雪月花は成功例の筆頭といってよい。

同じ場所を走っていては陰りがくる

だが、トキ鉄の鳥塚亮社長は、「いまは人気の列車だが、いつかは陰りが見える時期がくる」と、先行きについては楽観視していない。車窓から見える景色が同じでは、需要が一巡した後に、同じ客に2度、3度と繰り返し乗ってもらえる保証がないというのが、その理由だ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

「同じ観光列車がずっと同じ場所を走っていると、普通の鉄道会社の観光列車ならいつかは必ず落ち目になる」

多くの鉄道会社では、この問題を解決するため、車内で提供する食事の内容を定期的に入れ替えている。それによってリピーターを確保しようという作戦だ。だが、これだけでは抜本的な解決策にならないかもしれない。

そんな状況下で、鳥塚社長は新たなアイデアを心の中に温めている。

次ページヒントは「農機具の貸し出し」だった
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT