シンバイオに続く黒字期待のバイオ企業はここだ

「赤字が当たり前」という見方が変わりつつある

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第21回後編のテーマは、「黒字が求められるバイオベンチャー」。東洋経済新報社の藤尾明彦『会社四季報』副編集長が解説します(詳しくは動画をご覧ください)。
前編:今年前半と逆「金利低下で株価も下落」する事情

「赤字が当たり前」というバイオベンチャーへの見方が変わりつつある。薬の開発は多額の開発費用が先行するため、ほとんどのバイオベンチャーは赤字の状態で上場する。ただそれが長く続くと問題だ。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

創薬系のバイオベンチャー33社のうち、黒字(今期と来期の四季報予想が黒字)の会社は5社のみ。当該5社の平均時価総額は1961億円、その他28社は同240億円。

「バイオベンチャーであっても株式市場は黒字を求めている」と『会社四季報』副編集長の藤尾氏は話す。

そんな中で、上場10年目にして今2021年12月期に初の黒字化見込みのシンバイオ製薬に注目が集まっている。前期は40億円の最終赤字だったが、今期は11億円の最終黒字に転換、さらに来期も増益が見込まれているのだ。同社の株価は年初から急騰し、一時は約6倍となった。

シンバイオ製薬はなぜ黒字化が見込めるようになったのか。また同社に続く黒字化が期待できるバイオベンチャーはどこか。詳しくは動画をご覧ください。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT