「多様性と調和」の五輪が今の日本を浮き彫りに

大坂選手の聖火リレー起用と敗戦への批判が象徴

東京五輪の開会式では、米プロバスケットボールNBAの八村塁選手が日本選手団の男子旗手を務め、テニス4大大会で4勝した大坂なおみ選手が聖火リレーの最終走者として聖火台に点火した。2人とも異なる人種の両親の間に生まれた世界的アスリートだ。

「多様性と調和」の実現にはまだ道遠し

「多様性と調和」を基本コンセプトとして掲げる大会で、八村、大坂両選手は新しい日本の顔としてスポットライトを浴びたが、世界で最も人種的に均質的な国の一つである日本が変化を受け入れるには、まだ道のりが遠いことを思い起こさせる契機にもなった。

聖火台に点火した大坂なおみ選手(7月23日)Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

外国生まれの住民や両親の人種が異なる日本国籍保有者はこの数年間で徐々に増加しているが、五輪大会は日本人のアイデンティティーとその進化を振り返る機会となっている。人種が単一ではないアスリートが日本代表として活躍し、メダルを獲得する選手も出ている。

五輪男子テニスのダニエル太郎選手は7月31日のインタビューで、日本が「多様性の推進をうまく進めてきたと思う」と述べながらも、過去1年間にこの分野での日本政府の至らない点の一部が五輪を機に浮き彫りになったとも指摘した。

次ページ大坂選手の敗退に多くの批判の書き込み
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT