米インテル半導体産業リーダー返咲き宣言の秘策

それでも台湾積体電路製造に追付くには数年

米インテルは26日、半導体の製造方法に関するファンダメンタルズの一部を見直すことで、2025年の業界リーダー返り咲きを目指すことを明らかにした。半導体業界で長年維持してきた支配的な地位を失ったインテルは、技術の遅れを取り戻そうと取り組んでおり、同社の新たな製造技術を競合関係にある米クアルコムが採用する合意も発表した。

現行のシステムがTSMCやサムスン電子に不当な優位性

現行のシステムが台湾積体電路製造(TSMC)や韓国のサムスン電子に不当な優位性を与えていると主張するインテルは、イノベーション強化を目指すとともに、半導体製造技術の進化を測定するのに使われるアプローチを変える。

ヴイエムウェアから古巣に戻ったパット・ゲルシンガー氏は2月、インテルのかつての栄光を取り戻すという使命を負って最高経営責任者(CEO)に就任。インテルは前任者らの下で新しい製造技術の導入が遅れ、市場シェアを奪われたほか、一部顧客が自前の半導体を設計する状況に至った。

次ページTSMCに追いつくにはなお数年を要するとの見方
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT