「何事も続かない人」がやるべき20秒ルールの威力

意思より、自己肯定感に着目したほうがいい

「目標を立てても達成できない!」その問題を解決するのに必要なのは「自己肯定感」です。自己肯定感を高める方法をご紹介します(写真:Fast&Slow/PIXTA)
「目標を立てても達成できない!」「いつも三日坊主で終わってしまう」……習慣を変えるのに必要なのは、強い意志ではなく「自己肯定感」です。中島輝氏の新刊『習慣化は自己肯定感が10割』より一部抜粋・再構成してお届けします。

意志の力だけでは三日坊主に

・資格を取るための勉強を始めよう!

・副業で稼げるようになるため、動き出す!

・今度こそ、英語を話せるようになる!

・リバウンドしないダイエットを成功させる!

あなたも、そんなふうに「何かを始めて、目標を達成したい!」と決意した経験があるのではないでしょうか?でも、結果は? と言うと、三日坊主で終わった……となってしまうことは珍しくありません。

私たちの脳は慣れ親しんだ環境を好み、新しい取り組みを警戒するようにできているからです。

「やろう!」と決めたときの意志の力が100%だとしても、そのパーセンテージはすぐに下がっていきます。掲げた目標を意志の力だけで実現するのは、とても難易度の高い取り組みだからです。

しかも、自分で決めた目標だけにうまくいかないと「またダメだった」「どうしていつもうまくいかないんだろう」と気分が落ち込み、自己肯定感まで低下してしまいます。私自身も何度も落ち込んだことがありますが、できればこうした経験はしたくないものです。

次ページ意志の力だけに頼らない方法とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT