菅直人新政権で経済政策はこう変わる

拡大
縮小


 国債買い入れ増額の圧力をかわしたい日銀の予防線的な“奇策”ともいえるが、経済に与える副作用は未知数であり、日銀の役割を逸脱した政策との批判もある。日銀の独立性と信認を測る意味でも、政府と日銀との関係には、これまで以上に注意する必要があるだろう。

「政権担当者が代わることで、新味を出そうとするスタンスが強まる。従来手薄といわれていた成長戦略への注目度が高まる」。三菱総合研究所の後藤康雄・チーフエコノミストはそう予測する。

新成長戦略については、2020年まで平均で名目3%の成長を目標として、具体策を6月中にまとめる予定。経済産業省が公表した「産業構造ビジョン案」では、インフラ輸出や環境・エネルギー産業、医療・介護などを戦略5分野に据え、法人実効税率の引き下げや産業再編の円滑化を打ち出した。問題はその実現度だ。

菅首相は財政規律を重視する一方、歳出拡大に対しても比較的寛容であり、それが財政再建のリスクにもなる。財政再建と経済成長の両立に向けて本当に有効な策を打てるのか、新政権の実行力が問われる。
(中村 稔 =週刊東洋経済 撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT