ホンダ「フィット」20周年を機に存在を示せるか

モデューロXと20周年記念特別仕様車を投入

フィットe:HEVモデューロXのリアビュー(写真:本田技研工業)

フィットe:HEVモデューロXは、独自の2モーター式ハイブリッド車で高級グレードの「e:HEVリュクス(LUXE)」をベースに、主に内外装や足まわりをカスタマイズした仕様だ。

外装では、専用のフロントグリルやエアロバンパー、テールゲートスポイラーなどを採用。内装にも専用パーツを数多く施し、ブラック×ボルドーレッドかブラックから選べるインテリアカラー、本革巻きステアリングホイール、本革巻きセレクトレバー、ラックススェードと本革を組み合わせたコンビシートなどを装備する。また、足まわりでは、やはり専用設計のサスペンションや16インチの軽量アルミホイールなどが採用されている。

注目はグリルを採用したエクステリアデザイン

フィットe:HEVモデューロXのフロントフェイス(写真:本田技研工業)

その中でも特徴的なのがフェイスデザインだ。ベースモデルであるリュクスを含む現行フィットのほとんどのグレードでは、フロントにグリルレスのデザインを採用する(クロスターのみグリルがある)。一方、モデューロXはオーソドックスともいえるグリル付きデザインだ。現行フィットのデザインには賛否両論あり、とくにグリルレスにしたフェイスデザインには否定派も多いと聞く。その点、グリルを配したモデューロXのフェイスデザインは、いつもの見慣れたクルマの顔つきという「安心感」のようなものがある。

加えて、どちらかと言えば親しみやすさを感じるベース車のデザインに対し、モデューロXの外装パーツは、スポーティさを強調した造形だ。「走りのホンダ」を好む古くからのファン層に受けそうなデザインといえるだろう。実際、ホンダでもモデューロXの主なターゲット層は、「走りにこだわりが強いクルマ好き層のほか、クルマに人とは違うデザイン性を求める層」だという。幅広い購入層がいるコンパクトカーのジャンルではあるが、より個性的という面では純正デザインよりもはるかにわかりやすい。

次ページ20周年記念特別仕様車の「カーサ」と「メゾン」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT