ホンダ「フィット」20周年を機に存在を示せるか

モデューロXと20周年記念特別仕様車を投入

新しく追加されたフィットe:HEVモデューロX(Modulo X)の外観(写真:本田技研工業)
この記事の画像を見る(36枚)

ホンダは、2021年6月に20周年を迎えたコンパクトカー「フィット」のラインナップに、スポーツ系カスタマイズ車の「フィットe:HEVモデューロX(Modulo X)」を加えた。また、売れ筋グレード「ホーム(HOME)」のハイブリッドシステムe:HEV搭載車とガソリン車の両方に、「カーサ(Casa)」と「メゾン(Maison)」という2タイプの20周年特別仕様車も追加発売した。さらに、車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を使った最新のコネクテッドサービスを充実させるなどの一部改良も実施している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2020年2月14日に発売された現行のフィットは、かつての歴代モデルのように、新車販売台数ランキングで1位を獲得するなど、販売面でライバルをリードするような華々しさがない。むしろ苦戦しているともいえる。通常は発売から2年程度で行われる一部改良(マイナーチェンジ)を1年ほどで行って商品力を上げたことや、新グレードや特別仕様車の導入でラインナップの強化を図っていることは、「名車」フィットへのテコ入れのようにも思える。

ここでは、フィットに対するホンダの新たな強化策ともいえる各モデルたちを紹介するとともに、最新の新車販売台数などをもとに、新グレードなどでいかなる効果が出ているのかなどを検証する。

スポーティな「フィットe:HEVモデューロX」

フィットe:HEVモデューロXの走行イメージ(写真:本田技研工業)

まずは、フィットe:HEVモデューロXについて紹介しよう。モデューロXとは、ホンダ純正用品を手掛ける企業「ホンダアクセス」が開発・販売を行う、「コンプリートカー」と呼ばれるカスタマイズ車両のブランドだ。ホンダのベース車に数々の専用パーツを搭載した、いわばワークスチューニング車ともいえる車両で、純正モデルと同様にホンダの販売ディーラーで購入できる。

主に内外装をスポーティな味付けにするのが特徴で、フィットのほかにも「フリード」や「ステップワゴン」といったミニバン、それに2022年3月で生産が終了する軽スポーツモデルの「S660」などをラインナップする。中でもS660モデューロXは、すでに注文が予定生産台数に達したことでオーダー受付が終了。いわば売り切れ状態になるほどの人気ぶりだ。

次ページ否定的な意見の多いフロントマスクを変えたモデューロX
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT