アウディ「Q5スポーツバック」に課せられた使命

全長を伸ばし、低さを強調した流麗なフォルム

クーペスタイルが際立つ、Q5スポーツバックのサイドシルエット(東洋経済オンライン編集部撮影)
この記事の画像を見る(79枚)

ドイツのプレミアムブランドであるアウディが、クーペスタイルの高級ミッドサイズSUV「Q5スポーツバック(Q5 Sportback)」を国内導入すると発表した。高性能バージョンの「SQ5スポーツバック(SQ5 Sportback)」や、導入記念の230台限定モデル「ファーストエディション(1st edition)」と合わせ、8月17日に発売される。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回発売するQ5スポーツバックは、2021年3月に国内発売された新型SUV「Q5」の派生モデルだ。スポーツバックとは、クーペ的フォルムを持たせた5ドアのハッチバック車を意味するアウディ独自の呼称。従来から「A5スポーツバック」や「A7スポーツバック」といったセダン車ベースのモデルに加え、SUVでもコンパクトタイプの「Q3スポーツバック」、電気自動車の「イートロン スポーツバック(e-tron Sportback)」を国内導入している。

7月14日に開催されたQ5スポーツバック発表会で登壇したアウディジャパンのフィリップ・ノアック社長によると、「Q3でも、全ラインップナップ中でスポーツバックは約60%の販売比率を占める」という。SUV市場は今や海外はもちろん、国内でも各メーカーが新型車を続々と投入する激戦区だ。その渦中へアウディが新たに投入する新型Q5スポーツバックには、どのような商品力や魅力が備わっているのか。詳細を紹介しよう。

Q5の概要とスポーツバックの立ち位置

2017年にデビューし、2021年3月8日にアップデートが施された2世代目のQ5(写真:アウディジャパン)

ベース車のQ5は、初代が2008年に登場(国内は2009年発売)、2017年にフルモデルチェンジを受けて2世代目となったミドルサイズSUVだ。欧州市場のプレミアムミッドサイズ・セグメントにおいて、長年にわたってベストセラーを続けている。

アウディのSUVには、ボディサイズが大きいモデル順に「Q8」、「Q7」、「Q3」、「Q2」があり、Q5はラインナップのちょうど中間に位置する。現行モデルは、エクステリアデザインを大幅に変更したマイナーチェンジを受け、前述のとおり、国内では2021年3月に発売された。

7月17日の発表会で披露されたQ5スポーツバックのスタイリング(東洋経済オンライン編集部撮影)

そのQ5の外観に、クーペ的要素を盛り込んだのがQ5スポーツバックだ。ベースモデルのデザインコンセプトを踏襲しながらも、フロントグリルやルーフ、前後バンパーなどを専用デザインとしている。グレードは、Q5と同様に「アドバンスド(advanced)」と「Sライン(S line)」という2タイプを用意する。いずれもQ5に備わっているルーフレールを省くことで、よりスポーティーさを強調したフォルムを実現している。

次ページクーペ的なスタイルの外観を解説
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT