老後の住まいが心配な人に知ってほしい必須知識

賃貸でいける?リバースモーゲージという手も

リバースモーゲージは、老後資金の不安を軽減できることに加えて、「亡くなったら家の権利を渡す」というのが契約条件のため、面倒な相続問題と関わらずに済むという利点もあります。「子どもに家を遺さなくていい世帯」にとってはメリットが多い融資形態といえるでしょう。

このリバースモーゲージの仕組みをベースにした住宅ローンが「リバースモーゲージ型住宅ローン」で、これから買おうとしている家を担保に住宅取得目的の資金を借りることができます。

リバースモーゲージ型住宅ローンを組んで家を買えば、毎月の支払いは原則利息のみ。そして亡くなったときに家を売って一括で返済という流れです。

(出所)『すみません、2DKってなんですか?』(サンマーク出版)

このタイプの住宅ローンだと高齢者でも家が買いやすく、子どもの独立後などに相続を気にせず住み替えしやすくなります。

家の相続が思わぬマイナスになることも

そもそも実家の相続は、いつ発生するか読みにくいイベントです。子どもにとって思わぬ形でデメリットになることがあります。

たとえば、子どもが実家から離れた場所で仕事をしている場合、譲られても住むことはなかなか容易ではありません。いくらリモートワークが普及しても、生活の基盤がすでに構築されていれば、離れた実家で暮らせる人は少数派ではないでしょうか。

売却しようにも不動産屋さんや現地に何度も赴くことになります。買い手が見つかるまでは固定資産税などの維持費を支払わねばならず、「譲り受けたことで想定外にお金が出たり、手間がかかったりする」事例は珍しくありません。

『すみません、2DKってなんですか?』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

まるで不動産ならぬ「負動産」ですが、負動産を引き継がない意味でも、リバースモーゲージが注目されているわけです。

ただし、リバースモーゲージにもリスクがあります。

「家の資産価値内で生活資金を借りられる」のが大きな特徴ですが、社会情勢や物価変動に少なからず影響を受けます。たとえば物価が下がった場合、毎月受け取れる金額がつられて下がるリスクは否めません。

また、家の価値を超えて借金はできないので、大幅に長く生きた場合、毎月の融資が打ち切りになる可能性もあります。

リバースモーゲージやそれを土台とする住宅ローンは、金融機関ごとに様々なタイプの商品があります。利用する際は、条件をよく検討して自分のライフプランにあったものを選ぶようにしましょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT