米NY市のコロナ感染が数カ月ぶりに増加傾向に

勢いづくデルタ変異株、鈍化するワクチン接種

米ニューヨーク市で新型コロナウイルスの新規感染者数が数カ月ぶりに増加傾向にある。デルタ変異株の広がりが勢いづく中、市内の一部地区ではワクチン接種率が低水準にとどまっている。

市のコロナ検査での陽性率の7日平均は7月に入ってから緩やかに上昇。10日時点で1.27%と2週間でほぼ2倍となった。この1週間の1日当たりの新規感染件数(確認された症例と感染の可能性が高い症例)は平均328件と、6月28日時点の208件から増加している。

1日当たり数千人の感染が報告されていた今年の一時期と比べれば大きく改善しており、陽性率も全国水準の3.4%を下回っている。しかし、ワクチン接種を済ませた住民が少ない地区で変異株が広がっている可能性を考慮すると、今回のトレンドは懸念される。

次ページ完全なワクチン接種を終えた人は人口の53%にとどまる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT