成城石井「ピスタチオスプレッド」激売れの舞台裏 発売1年経っても売れ続けている理由はどこに

印刷
A
A

思い切った価格設定は、大ヒットにつながった。発売と同時にスプレッドの噂は広がり、予想の1.7倍売れる好調な滑り出しとなった。そこへテレビで紹介されて、人気が爆発。1人1個の販売制限をかけたが、発売1カ月で欠品する事態に。すぐに追加のオーダーをかけたものの、2カ月間店頭に並ばない状態になるほどだった。

坪井課長は、ピスタチオスプレッドの魅力について、「味と色です。香ばしくて濃厚で、香りが独特でクセになる」と説明する。「売り場でイチゴやブルーベリー、アプリコットなどのジャムと一緒に並べたときに、緑色がないので目立つ」。

目新しい食品を求める人が増えている

確かにピスタチオには、個性的な香りと味、色がある。今までなかったタイプの食品だからこそ、今回ヒットしたのだろう。「ナッツの女王」と言われるピスタチオは、地中海沿岸の砂漠が原産地。やがてヨーロッパにも広がったが、アラブ系、アルメニア系、トルコ系の人々だけに愛される期間が長かった。日本でも、以前はあまり知られていなかった。

緑色が特徴的な「ナッツの女王」ピスタチオは、健康的という観点から世界でも需要が増えている(写真:horiy/PIXTA)

成城石井のピスタチオスプレッドには、品質が安定しているイラン産のピスタチオが使われている。現在でもピスタチオのイランのシェアは世界一だ。栄養価も高く、食物繊維、ビタミンB1、カリウム、鉄、銅などが多い。

最近、スパイスカレーやジョージア料理のシュクメルリ、中東調味料のハリッサなど、クセの強い味が、次々と流行している。現地で体験してきた人や日本の外国料理店などで世界各地の味に親しむ人が増え、目新しい味を求める好奇心旺盛な人が増えている。もはや、日本人はシンプルな味に飽きたらず、よりスパイシーな味も好むようになっているのである。

また、緑色は日本人が長く親しんできた食品の色であり、近年流行する食にも多い。最近存在感を増している抹茶味のスイーツはもちろん、2016年頃が流行のピークでその後定着したパクチーも緑。3年前に人気が爆発したチョコミントのミントカラーも、緑のバリエーションの1つ。スモーキーなピスタチオカラーは、新鮮かつ親しみやすい新しい緑色の食品として受け入れられているのではないだろうか。

成城石井では、新しいピスタチオ加工食品を探し、導入したいと意欲的である。チョコミントがそうだったように、ピスタチオもやがて定着し、数ある緑色のフレーバーの1つになっていくのだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT