成城石井「ピスタチオスプレッド」激売れの舞台裏

発売1年経っても売れ続けている理由はどこに

成城石井で昨年4月に発売されて以降、売れ続けているイタリア製のピスタチオスプレッド(写真右)と、今年5月下旬に発売されてこれまでに16万個を売り上げるヒットとなっている自社製のピスタチオプリン(写真左)。巷ではピスタチオを使った食品がじわじわと増えている(撮影:梅谷 秀司)

ピスタチオを使ったスイーツが、最近増えている。近所のコンビニを回ったところ、セブン‐イレブンでは、森永乳業のピノのピスタチオ味やプライベート・ブランドのクッキーが並ぶ。ファミリーマートではプリンが、ローソンではなんとロッテのアイスクリームコーン、井村屋のケーキアイス、シューアイス、と3種類もアイスがあった。

こうした中、昨年ごろから爆売れしているのが、成城石井のイタリア製「スタチオスプレッド」だ。2020年4月に発売されたスプレッドは971円と安価ではないにもかかわらず売れ続けており、2021年前半も同社のレトルト食品や調味料といったドライ加工品部門で6000品目中1位を獲得。「ドライ加工品では異例」というほどの大ヒットとなっている。

「パンに塗る」以外の使い方があった!

当初、同社は「パンに塗る」といった”普通”の使い方を想定していたが、SNSではユーザーがドリンクや和菓子を作ったり、アイスクリームに載せたりとさまざまなレシピを紹介。テレビや女性誌などでも紹介されているほか、「奥さまが買ってきて冷蔵庫に入れていたら、旦那さんがハマってしまって、実は1週間で1ビンなくなってしまう、というお客さまもいます」(バイヤーの坪井元課長)。

インスタグラムで「ピスタチオスプレッド」で検索すると、さまざまな投稿が出てくる

同社の「ピスタチオ旋風」はこれで終わらない。ポリコムのスプレッド人気や他社製品登場を受け、5月24日に自社製造の「成城石井自家製ピスタチオプリン」も323円で発売。こちらもデザート部門第1位、発売1カ月間で約16万個を売るヒット商品となった。

実はピスタチオの扱いは容易ではない。「ピスタチオのペーストを多くし過ぎるとプリンが固まらず、中まできれいに焼けないのですが、分量を限界まで増やし、しっかりピスタチオの味が楽しめるようにしました」と坪井課長は話す。

スプレッドにも越えるべきハードルがあった。坪井課長は「以前から海外の展示会で、ピスタチオの加工食品は非常に魅力的だと思っていたのですが、これまではほぼ扱っていませんでした」と話す。ピスタチオなどのナッツ類は、アフラトキシンという自然由来のカビ毒がつくことがある。日本の食品衛生法では、輸入時の検査で規制値を超えると流通ができなくなるため、取り扱いが難しい食品なのだという。

次ページあえて1000円切りで「コスパ」よく
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT