ゼンショー、吉野家、マクドナルドを分析する

消費税アップ後の外食産業の行方は?

ただ、マクドナルドは財務内容という点では素晴らしい企業です。貸借対照表(5~6ページ参照)を見ると、自己資本比率は80.6%と驚異的な水準を維持していますし、純資産の大部分は、利益の蓄積である「利益剰余金」です。これまでいかに儲け続けていたかがわかりますね。

外食業界の先行きはどうなる?

今後、外食業界の業績はどのように推移するのでしょうか。ポイントは二つあります。

ひとつは、国内景気の動向です。外食業の業績は、景気に敏感に反応します。

外食産業市場規模(食の安全・安心財団調べ)と、私たちの給与の源泉である名目GDPを比較すると、ほぼ連動していることが分かりますね(上グラフ参照)。昨年から好景気が続いていますから、今期も外食業の市場は拡大すると予想されます。

ただ、好景気になりますと、人員が確保しにくくなり、労務費を上げざるを得なくなります。

そこで、価格設定や商品構成などを工夫し、いかに採算を上げて営業利益を確保していけるかが注目点です。

もう一つは、消費税増税の影響です。小売業販売額を調べますと、駆け込み需要の反動から、4月は前年比4.3%減、5月は同比0.4%減と落ち込みが続いています。

こうした増税の影響がどこまで続くのか、景気指標などを参考にして見極めることも大切です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。