トヨタが「EVに消極的」の見方が短絡的すぎる理由

電動化には超積極的だし着々と手は打っている

レクサス ブランドのBEVコンセプトカー「LF-Z Electrified」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

この3月にはレクサス ブランドからBEVのコンセプトカー「LF-Z Electrified」が発表され、同時にブランド変革に向けた取り組みが明らかにされた。ここでは2019年に発表された電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づく、今後のレクサスとしての電動化の道筋が改めて示された。

LF-Z Electrifiedは「2025年までの実現を見据えた走り、デザインや技術を搭載」しているという。EV専用プラットフォームを採用し、前後2モーターで4輪を駆動するうち特にリアに高出力モーターを搭載。4輪の駆動力を自在にコントロールする新たな4輪駆動力制御技術「DIRECT4」を採用することで、従来のクルマとは一線を画する運動性能を実現すると謳う。

主要諸元を見ると、全長4880mmの車体は90kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離600kmを実現する一方で、重量は2100kgに抑えられている。2021年の今の段階で見ると相当、現実離れしたスペックにも見えるのだが、レクサスの首脳に聞くと「2025年にはこれぐらいのスペックが実現できていなければ、戦えないと想定している」とのことだった。

2025年までには15車種のBEVを導入

間髪入れることなく4月に今度はトヨタ ブランドから新EVシリーズ「TOYOTA bZ」が発表され、第1弾モデルとなるbZ4Xのコンセプトカーが披露された。2025年までには、このbZシリーズ7車種を含む15車種のBEVをグローバルで導入するという。

2022年の年央までに世界で販売を開始するというSUVタイプのbZ4XはトヨタとSUBARU(スバル)で共同開発したBEV専用プラットフォームのe-TNGAを採用する。4輪駆動技術に強いスバルと共同開発した新AWDシステム、ソーラー充電システムの搭載などがトピックだ。

e-TNGAはBEV専用ではあるが、TNGAの名がつくように既存のエンジン車、ハイブリッド車用プラットフォームとまったくの別物というわけではないだろう。完全にゼロからBEV専用として開発されたプラットフォームは、前述のレクサスが2025年に向けて開発中のものが初出となりそうだ。

次ページデジタル化で開発のスピードも上げていく
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT